原発なくそう!九州玄海訴訟

ニュース

九州避難者訴訟判決言渡し期日へのご参加とご支援のお願い

  • 2020年05月22日 10:39

~九州避難者訴訟判決言渡し期日へのご参加とご支援のお願い~ 

皆様におかれましては、2014年9月の第一次提訴以来長きにわたり九州避難者訴訟をご支援いただき心より感謝申し上げます。 

皆様にご支援いただきながら進めて参りました九州避難者訴訟も、2020(令和2)年6月24日、ついに下記のとおり一審の福岡地方裁判所の判決が言い渡される運びとなりました。 

 ◆日時:2020(令和2)年6月24日14時00分 

◆場所:福岡地方裁判所101号大法廷 

   福岡市中央区六本松4丁目2−4

   (福岡市営地下鉄七隈線六本松駅から徒歩2分) 

◆当日のスケジュール: 

   12:30〜門前集会@裁判所前 

   14:00〜判決言渡 

   14:30〜報告集会@県弁護士会館 


※新型コロナウイルスの情勢を踏まえて、法廷や報告集会会場への入場者数が制限されたり、当日の予定が変更される可能性があります。オンラインでも報告集会にご参加いただけるよう準備を進 めていますので、最新の情報は弁護団の公式Facebookなどでご確認ください。『福島原発事故被害救済九州弁護団』公式Facebook https://ja-.facebook.com/genpatsukyusai.kyushu

ご存知のように、福島第一原発事故がもたらした放射能汚染により、被災三県からだけでも全国に避難している避難者総数は約25万人(復興庁発表)といわれ、そのうち約3000人が九州・沖縄に避難をしました。これだけ多くの市民がその日常を、生業を、人とのつながりを、人生そのものを大きく損ねたにもかかわらず、その責任を負うべき東京電力や国は,避難者の方々への被害救済を積極的に行わず,むしろ居住区域によって被害者を線引きし,僅かに国が定めた避難対象地域の被害者に対してのみ賠償を行い、それ以外の被害者は救済の埒外におくという無責任な対応に終始しています。  

福島第一原発事故からもうすぐ10年が経とうとしていますが、原発事故避難者にとってのこの10年は、まさか自身の人生に降りかかるとは考えてもいなかった、別離、喪失、不安、苦痛、悲しさを積み重ねた時間でした。あらたな出会いや家族の成長といった喜びに希望を見出しながら、消えない不安や悲しみに堪え続けてきた長い長い時間でした。 

これまでに全国で13,000名を超える避難者・被災者が訴訟に踏み切り、全国約20の裁判所で訴訟がたたかわれてきましたが、ここ九州でも、50余名の原告たちが様々な生活上の困難を抱えながらも6年余りにわたって裁判をたたかって参りました。 

6月24日の判決言い渡し期日直前の門前集会では、これからまさに法廷に臨む原告たちを、ここ九州の数多くの市民の良心と励ましとともに送り出してあげたいと考えています。未だ新型コロナウイルスをめぐる情勢は予断を許しませんが、ぜひ貴団体にも、感染予防には万全を期したうえで門前にご参集いただきたくお願い申し上げます。 

また、この避難者たちのたたかいは、福岡地裁の判決内容の如何にかかわらず、今後も高裁、最高裁へと続いていきます。この裁判に要する印紙代等の諸費用は原告たちが自己負担していますが、控訴等に伴いさらに印紙代等が必要となります。 

今なお声を上げることもできない全国の数多くの避難者たちを代表し、また、原発のない社会を求める私たちを代表して困難なたたかいを続けている原告たちを支援するため、可能な範囲で構いませんので、ご厚志(カンパ)を賜りたくお願い申し上げます。 

【カンパ振り込み先】 

福岡銀行 赤坂門支店 普通預金  2058006 

九州避難者訴訟 会計 近藤 恭典  

キュウシュウヒナンシャソショウ カイケイ コンドウ ヤスノリ

    

    

映画「福島は語る」開催中止のお知らせ

  • 2020年03月12日 14:04

 

映 画 「 福 島 は 語 る 」開 催 中 止 の お 知 ら せ

時下,ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて,本年3月14日(土)14時に,サンレイクかすやにて開催を予定しておりました 映画「福島は語る」上映会は,開催をとりやめる運びとなりましたので,ここに通知いたします。

会場をご提供いただくサンレイクかすやより,昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため,本年3月1日から3月20日までの間,会場のホールの貸出しを行わないことを決定した旨の連絡を受け,代替場所を探すことも困難であるため,やむなく中止とさせていただくことを決定しました。

参加を予定しておられました方には,誠に申し訳ございません。

日を改めて同様の企画を実施するかどうかについては情勢を見ながら実行委員会で検討したいと思いますが,実施する場合にはまた皆様のご協力をお願いしたいと考えておりますので,今後とも宜しくお願いいたします。

このようなお知らせとなり,実行委員一同,非常に残念ではございますが,
何卒,ご高配くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

お問合せ先:

 映画「福島は語る」上映会実行委員会(092-719-0885) 

 

 

  

★第32回口頭弁論期日のお知らせ★

  • 2020年03月09日 17:54

延期になった第32回口頭弁論期日が

2020年6月5日(金)午後2時~に決まりました。

皆さま奮ってご参加ください。

 

「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団

 

 

【重要】第32回口頭弁論期日延期のお知らせ

  • 2020年03月02日 18:14

3月13日(金)に佐賀地方裁判所で予定していた「原発なくそう!九州玄海訴訟」第32回口頭弁論期日ですが、新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、裁判所からの要請があり、協議の結果、延期することになりました。

延期後の次回期日が決まりましたら、追ってご連絡します。

 

「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団

 

 

  

2020 さよなら★原発 くるめパレード~守ろういのちフクシマを忘れない~

  • 2020年02月19日 18:45

市街地を歩きながら、沿道の人たちに「原発のない未来」をアピールします。

 3月14日(日) ※雨天決行

 集合:16時20分サンライフ久留米

     ↓

   東町公園

 

・・・・・・・実行委員を代表してごあいさつ・・・・・・・

 ◎馬奈木昭雄弁護士◎

 安倍政権と東電は被害の救済と今後の被害発生防止策などを全くなさずに、幕引きを図っています。私たちは国民の生命、生活を無視し、大企業の利益のみを優先する原発の操業を許すことはできません。私たちはあくまでも被害の全面的救済と今後の原発の差し止めを求めて声をあげ続けましょう。

 ◎金本友孝牧師◎

 昨年12月、私が原告団長を務める「福島原発事故救済九州訴訟」が5年に渡る戦いのすえ結審し、今年6月24日の判決を迎えます。「主戦場は法廷外にあり」と言われていますように、あれから9年となるこの3月は、「原発は嫌だ」という世論を高め、司法に訴える重要な時となります。避難者も、そうでなくとも、原発反対という思いは同じです。ぜひとも、共にお集まり下さって、私たちの声を伝えましょう。そして、原発に「NO」を叩きつけようではありませんか!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主 催 さよなら!くるめ実行委員会(久留米市東町1-20大和ビル2F)

お問い合わせ 090-1928-1785(実行委員会事務局・田中良之)

 

!同日開催!

講演会「巨大火山の爆発と原発の安全性」

講師:山崎文人氏(理学博士、元名古屋大学寺地震化学研究センター)

●サンライフ久留米●

13:00開場、13:30開演

資料代300円

主催「原発なくそう!九州玄海訴訟」ちっごの会

 

 

連絡先

佐賀中央法律事務所
〒840-0825
佐賀県佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階
TEL 0952-25-3121 / FAX 0952-25-3123

弁護士法人奔流法律事務所朝倉オフィス
〒838-0068
福岡県朝倉市甘木1193-1
TEL 0946-23-9933 / FAX 0946-21-5100

Copyright (C) 2011 原発なくそう!九州玄海訴訟 ALL RIGHTS RESERVED. ログイン