原発なくそう!九州玄海訴訟

ニュース

第46回原発ゼロcafe'

  • 2018年06月15日 10:44

〇ドキュメンタリー「終の住処を奪われて~福島原発被害東京訴訟~」(37分)の上映をします。原発事故の被害を科学的に検証し、避難生活の苦悩を伝える貴重な映像です。

〇“原発はいらない!”急速に進行している再生可能エネルギー革命について、東島弁護士が報告します。

どなたでも参加できます。気軽にご参加ください。

 

と き 6/23(土)10:00~12:00

ところ 神野公民館

 

――今後の予定――

◎6月28日(木)第27回提訴

 現在原告数は1万0292名。まだまだ原告募集中!

◎7月20日(金)第26回裁判

 午後1時に佐賀県弁護士会館に集合してください。

 午後2時からの模擬法廷・報告集会の会場は、メートプラザです。

 

主催/原発なくそう!九州玄海訴訟原告団 佐賀市の会

連絡先・・・佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階

       佐賀中央法律事務所 ℡0952-25-3121

小さき声のカノン上映会のご案内

  • 2018年06月01日 14:12

お出かけください!

日時 2018年6月16日(土)13:30~

場所 福岡県久留米市西町540-1(大谷会館講堂)

大人1000円 高校生以下500円 小学生以下無料 

 

第45回原発ゼロcafe'

  • 2018年05月24日 12:05

○5月11日に第25回裁判がありました。裁判の内容・進行等について東島弁護士が報告します。

○玄海原発3号機の標記漏れに続き、今度は4号機の一次冷却水ポンプでトラブルが発生。全国的にみても再稼働前後の故障事故が続いています。その原因について考えます。

 

と き 5月26日(土)10:00~12:00

ところ 神野公民館 和室

 

―今後の予定―

◎6月28日(木)第27回提訴

 現在原告数は1万0292名。まだまだ原告募集中!

◎7月20日(金)代26回裁判

 午後1時に佐賀県弁護士会館に集合してください。

 午後2時からの模擬法廷・裁判報告集会の会場は、メートプラザです。

 

主催/原発なくそう!九州玄海訴訟原告団 原発ゼロ佐賀市の会

連絡先・・・佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階

      佐賀中央法律事務所 ℡0952-25-3121

 

 

九電への申し入れ書を提出しました

  • 2018年05月16日 14:19

2018年5月15日

九州電力社長 瓜生 道明  様  

「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団

団  長 長谷川 照

「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団

幹 事 長 東島 浩幸

<連絡先>

佐賀市中央本町1-10 ニュー寺元ビル3F

                 佐賀中央法律事務所付 電話0952253121

(担当:林田)

 

玄海原発3号機の一次給水ポンプの緊急点検と同4号機の全ての給水ポンプ、脱気器配管(パイプ)の緊急点検について

 

申し入れ事項

(1)3号機を直ちに停止して、原子炉格納容器内にあるすべての一次給水ポンプの点検を申し入れます。

理由:脱気器の蒸気漏れは、原子炉が臨界状態のままで修復されたため一次給水ポンプの点検はされていません。

 

(2)4号機の格納容器内にある一次給水ポンプの点検に加えて、脱気器の配管(パイプ)の点検を申し入れます。

理由:3号機で起こった故障は4号機でも起こる確率は高いと考えられます。

 

(3)脱気器等の浄水装置の老化を防ぐために、装置を囲む建屋の設置を申し入れます。

理由:二次冷却水の流量を調整する弁(バルブ)の故障につながる恐れがあります(スリーマイル島原発事故の教訓)。

 

尚、上記申し入れ事項に対する回答は、5月29日までにお願いします。

 

注)スリーマイル島原発事故の教訓

バルブ・パイプ・ポンプの故障は、原子炉の炉型によらず故障の大半は安全上重要なシステム(原子炉冷却系一次、二次)で起こっています。しかしこれら三種の故障に対して「フェイルセイフ」を設計することは困難です。

 

参考文献 福井市男、村上明、長谷川照「原発の安全性をめぐる問題」(佐賀県の環境問題を考える、佐賀の自然と文化を守る会、1982年2月)

佐賀県への申入れ

  • 2018年05月14日 13:30

5月14日、佐賀県へ対して下記のとおり申入れをおこないました。


 

 

2018年5月14日

佐賀県知事 山口 祥義  様  

「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団

団  長 長谷川 照

「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団

幹 事 長 東島 浩幸

<連絡先>

佐賀市中央本町1-10 ニュー寺元ビル3F

                 佐賀中央法律事務所付 電話0952253121

(担当:林田)

 

玄海原発3号機の一次給水ポンプの緊急点検と同4号機の全ての給水ポンプ、脱気器配管(パイプ)の緊急点検について

 

諸課題山積する中、貴職のご奮闘に心より敬意を表します。

 当方は、玄海原発の一連の問題につき、九電に対して下記の点を申し入れることにしています。

 佐賀県は、佐賀県民の生命、健康、財産等を守る立場から、九州電力に対し、改めて下記の申入れをおこない、正確かつ詳細な回答を同社に要求し、その結果を県民に公表するよう当方は申し入れます。

 

(1)3号機を直ちに停止して、原子炉格納容器内にあるすべての一次給水ポンプの点検を申し入れます。

理由:脱気器の蒸気漏れは、原子炉が臨界状態のままで修復されたため一次給水ポンプの点検はされていません。

(2)4号機の格納容器内にある一次給水ポンプの点検に加えて、脱気器の配管(パイプ)の点検を申し入れます。

理由:3号機で起こった故障は4号機でも起こる確率は高いと考えられます。

(3)脱気器等の浄水装置の老化を防ぐために、装置を囲む建屋の設置を申し入れます。

理由:二次冷却水の流量を調整する弁(バルブ)の故障につながる恐れがあります(スリーマイル島原発事故の教訓)。

 

注)スリーマイル島原発事故の教訓

バルブ・パイプ・ポンプの故障は、原子炉の炉型によらず故障の大半は安全上重要なシステム(原子炉冷却系一次、二次)で起こっています。しかしこれら三種の故障に対して「フェイルセイフ」を設計することは困難です。

 

参考文献 福井市男、村上明、長谷川照「原発の安全性をめぐる問題」(佐賀県の環境問題を考える、佐賀の自然と文化を守る会、1982年2月)

 

ページ移動

連絡先

佐賀中央法律事務所
〒840-0825
佐賀県佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階
TEL 0952-25-3121 / FAX 0952-25-3123

弁護士法人奔流法律事務所朝倉オフィス
〒838-0068
福岡県朝倉市甘木1193-1
TEL 0946-23-9933 / FAX 0946-21-5100

Copyright (C) 2011 原発なくそう!九州玄海訴訟 ALL RIGHTS RESERVED. ログイン