原発なくそう!九州玄海訴訟

ニュース

第34回ゼロcafe'

  • 2017年07月18日 13:08

・6/30の裁判の報告をします。

・新電力と契約する手続き方法、電力料金など、情報交換しましょう!!

 

と き 7月22日(土)

ところ 神野公民館

 

6/25に映画「日本と再生」の試写会をしました。

原発に代わる再生可能エネルギーが世界各地で着実に伸びていることがわかります。

9/3(日)午前・午後の2回、アバンセホールで映画上映会の予定!

乞、ご期待です!

 

主催/原発ゼロ 佐賀市の会

連絡先・・・佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3F佐賀中央法律事務所

TEL0952-25-3121

 

ちっごの会 アニメーション映画「浪江町消防団物語 無念」鑑賞会・「福島の農民が訴える 農業と生活の今」根本敬さん講演会・鍋島典子弁護士による福島現地報告会

  • 2017年07月13日 11:30

原発なくそう!九州玄海訴訟・ちっごの会企画第16弾

 アニメーション映画「浪江町消防団物語 無念」鑑賞会
 「福島の農民が訴える 農業と生活の今」根本敬さん講演会
 鍋島典子弁護士による福島現地報告会

日 時:8月27日(日)※時間は下記プログラムをご参照ください
場 所:福岡県弁護士会筑後部会(4F 会議室)
     西鉄久留米駅をご利用の方…西鉄バス停「西鉄久留米」より乗車「市役所前」下車徒歩5分
     JR久留米駅をご利用の方…西鉄バス停「JR久留米駅」より乗車「市役所前」下車徒歩5分
    ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください

資料代:500円(20歳以下無料)

≪プログラム≫
13時20分 開会
13時30分 アニメーション映画「浪江町消防団物語 無念」上映1回目
14時30分 鍋島典子弁護士による「福島現地報告会」
15時00分 根本敬さん講演会「福島の農民が訴える 農業と生活の今」
16時00分 アニメーション映画「浪江町消防団物語 無念」上映2回目
17時00分 閉会

※どの時間から会場に入ってこられても結構です。受付にて資料代をお支払いいただき、入場されてください。
※進行状況により、多少の時間のずれが生じる場合がございます。ご了承ください。

映画・講演者と内容のご紹介
★アニメーション映画「無念」
原発事故により、命があることを知りながら救助活動を中断し避難せざるをえなかった浪江町消防団。福島の浪江まち物語つたえ隊と広島のまち物語制作委員会が、その時の様子・心情を伝えるために制作したのが「無念」です。(「浪江町消防団物語無念」ホームページより抜粋)

★根本敬さん講演会「福島の農民が訴える 農業と生活の今」
2015年7月10日、根本さんは、佐賀地方裁判所の法廷に立ち、福島に生きる人々の思いを代弁しました。玄海原発の再稼働に向けた動きが加速するなか、当事者として、被害を引き受ける者として、再稼働に反対する意思を表明する自治体が広がっています。この声をより大きく広げていくために、再び根本さんが福岡を訪れます。

★鍋島典子弁護士による「福島現地報告会」
福島避難者弁護団の一員である、鍋島典子弁護士(久留米第一法律事務所)が、本年7月に訪れる福島県の今を伝えます。

≪お問い合わせ先≫
久留米第一法律事務所(事務局:古田)
住所:福岡県久留米市東町1-20大和ビル2F
電話:0942-38-8050 FAX:0942-38-0850

 

「自治体との交渉に、ぜひご参加下さい!」

「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団では、訴訟への参加以外に、直接、各地方自治体に対して、避難計画の作成等の呼びかけを行っています。

市の担当者に、直接思いを届ける機会はなかなかありませんので、お誘いあわせのうえ、奮ってご参加下さい。

8月28日(月)は、久留米市役所と福岡市役所の2か所に、講演者の根本敬さんや、弁護団の弁護士と一緒に出向きましょう!

もちろん、お近くの市役所のみの参加もお待ちしておりますよ♪

 

①久留米市役所(久留米市城南町15番地3)

日時:8月28日(月)9:30~11:30

※10分前までに、久留米市役所1階ロビーにお集まり下さい。

 集合時間に遅れた際は、10階防災対策課まで直接お越し下さい。

※事前の予約等は必要ありません。

     ↓

②福岡市役所(福岡市中央区天神1丁目8番1号)

日時:8月28日(月)13:15~15:15

※10分前までに、福岡市役所行政棟1階ロビー(カフェスペース付近)にお集まり下さい。

 集合時間に遅れた際は、090-8830-3272(池永)までご連絡ください。

※事前の予約等は必要ありません。

連絡先:0942-38-8050(久留米第一法律事務所)


第22回裁判・第3回仮処分審尋のご案内

  • 2017年06月23日 19:45

第22回裁判、第3回仮処分審尋期日が下記のとおり行われます。

原告、債権者、支援者の皆様方のご参加をお待ちしています。

詳しいスケジュールは、後述する「当日の流れと裁判での注意事項」をご覧ください。

 

第22回裁判期日

  日時 2017年6月30日(金)午後2時~

     (当日は午後0時半に佐賀県弁護士会集合)

  場所 佐賀地方裁判所

第3回仮処分審尋期日

  第22回裁判期日終了後すぐに開始

  *債権者のみ参加できる非公開の手続です。

 

 

 ―当日の流れと裁判での注意事項―

★★当日の流れ★★

 法廷の中に入れる人数には限りがあるため、抽選が行われます。抽選会場は、裁判所敷地内です。

 抽選に当選した方は裁判所職員の誘導に従って法廷に入っていただき、外れた方は、裁判所から徒歩15分ほどの県立美術館ホールで行う模擬法廷に参加していただきます。裁判終了後は、県立美術館ホールで裁判の報告集会を行います。

 詳しいタイムスケジュールは以下のとおりです。

○12時30分 

 佐賀県弁護士会館集合

 (バスで来られる方は12時半から13時ころ到着予定)

○12時50分ころから 裁判所への行進開始

 弁護士会館から裁判所まで皆で行進します。

 裁判所西側正門から裁判所敷地内へと入り、特別傍聴券を持っている原告・弁護団はそのまままっすぐ建物内に入ります。

 その他の原告、支援者の皆様は裁判所職員の誘導に従って抽選場所までお進みください。

○13時20分まで 傍聴整理券の配布

 傍聴整理券は13時20分まで配布されます。

○13時25分から 傍聴券の当選番号の発表

 当選番号は掲示されます。掲示されている場所がわからない場合や、当選番号が分からない場合は、ネームプレートをつけた弁護士にお尋ねください。

 【当選した方】

   裁判所内へお進みください。裁判所職員が誘導して法廷まで案内します。

 【外れた方】

  模擬法廷を行いますので、県立美術館ホールへ移動してください。

  足の不自由な方、歩くのに不安のある方にはバスをご用意しておりますので、弁護士会館へお戻りください。

  自家用車で県立美術館ホールへ移動する方は、裁判所前の路上に車を止めての乗車はご遠慮ください。

  抽選に外れたが、仮処分の債権者であるという方は、本訴法廷終了後の仮処分の審尋から参加できますので、裁判所1Fロビー付近で待機してください。

○14時ころから 第22回裁判の開始~終了後、仮処分第3回審尋。

 

○14時ころから 県立美術館ホールで模擬法廷を行います。

 【県立美術館ホールの場所】徒歩10分~15分

  裁判所正門前の道路(知事公舎の西隣)をまっすぐ南へ進みます。

○14時30分ころから

 第22回口頭弁論終了後、仮処分の第3回審尋が行われます。

 仮処分に参加する債権者は入廷してください。債権者以外の法廷内の原告は県立美術館ホールへ移動し、他の方々と合流します。

○15時00分ころから

 仮処分の審尋が終わり次第、債権者・弁護士は法廷から県立美術館ホールへ移動し、他の方々と合流します。

 その後、裁判と仮処分の報告集会を行います。報告集会の開始時刻により終了時刻は異なりますが、遅くとも17時00分には終了します。

 ★★注意事項★★

1 裁判所入所前の注意点

 ・弁護士会館には戻りませんので荷物を残さないでください。

 ・腕章、ゼッケン、プレートは装着が禁止されています。

 ・弁護士会館前から歩いて行く際には、2列に並ぶようお願いします。

 ・弁護士会館から裁判所までの入所行動時にはシュプレヒコールをあげることができますが、裁判所入口前まで来たら、やめてください。

 ・裁判所敷地前で、報道のための写真撮影があると思われます。カメラに映りたくない方は、列の後の方に並ぶか、または、報道のための写真撮影が終わってから裁判所敷地内に入ってください。

 ・旗、のぼり、横断幕などは持って入れません。たたんでバッグの中などにしまうか、構外にいるスタッフ(ネームプレートを付けています。)に預けてください。

 ・裁判所構内ではカメラ撮影はできませんのでご注意ください。

2 傍聴整理券配布時の注意点

 ・裁判所職員の指示に従ってください。

 ・わからないことや、トラブルがありましたら、お近くの弁護士にすぐに知らせてください。

3 抽選時の注意点

 ・当選番号は掲示されます。掲示されている場所が分からない場合や、当選番号がわからない方は、お近くの裁判所職員または弁護士にお尋ねください。

 ・当選した方は、裁判所職員に申し出てください。そのまま法廷へと案内されます。

 ・外れた方は、すみやかに県立美術館ホールへ移動してください。

 ・当選された方しか裁判所建物内に入れません。その他の方は、建物内に入れませんので、ご了承ください。

4 (当選された方へ)裁判時の注意点

  ・法廷には、裁判所職員の誘導にしたがって入廷してください。1階から3階まで、法廷への通路以外、建物の東側部分は立入り禁止区域になっています。立入り禁止区域に入らないようお願いいたします。

  ・特別傍聴券の方も、一般傍聴券の方も、入廷時に、所持品検査があります。

  ・法廷内では携帯電話の使用は禁止されています。入廷時に、弁護士が携帯電話の電源をオフにしているか確認いたしますので、予め電源をお切りいただき、スムーズな入廷へのご協力お願いいたします。

  ・法廷内では写真撮影、ビデオ撮影、録音が禁止されています。

  ・法廷内ではシュプレヒコールをあげないでください。反した場合、退廷を命じられる可能性があります。

  ・法廷の中では、飲食禁止です。

  ・途中、気分が悪くなったり、トイレに行きたくなった場合には、外に出ていただいて構いません。気分が悪くなった方は、すぐにお近くの職員または弁護士にお知らせください。

                               以上

第33回ゼロcafe'

  • 2017年06月21日 15:57

※「福島第一原発の収束、廃炉作業にたずさわる作業員の被ばく」について東島弁護士が報告します。

※知事が再稼動に同意した今、何ができるか話し合いましょう!

 

と き 6月24日(土)10:00~12:00

ところ 神野公民館

 

6/13にプルサーマル裁判の会申立ての「再稼動差止めの仮処分の決定」がでました。

私たちの次の裁判と仮処分審尋は6/30です。

傍聴希望の方は12:30に佐賀県弁護士会に集合。

模擬法廷と報告集会は美術館ホールです!ご参加を!

 

主催/原発ゼロ佐賀市の会

連絡先・・・佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階佐賀中央法律事務所

TEL0952-25-3121

 

第32回ゼロcafe'

  • 2017年05月12日 16:54

原発は事故がなくても作業員や地域住民の被ばくはさけられません。労働者の放射能被ばくという人権侵害と、トリチウムについて報告します。

 

と き 5月27日(土)10:00~12:00

ところ 神野公民館

3月16日現在の原告数は1万244人です。

次回提訴は6月1日、申込の締切は5月26日です。原告を増やして原発なくそうの声を大きくしましょう!

 

主催/原発ゼロ佐賀市の会

連絡先・・・佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3F佐賀中央法律事務所

TEL0952-25-3121

 

 

ページ移動

連絡先

佐賀中央法律事務所
〒840-0825
佐賀県佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階
TEL 0952-25-3121 / FAX 0952-25-3123

弁護士法人奔流法律事務所朝倉オフィス
〒838-0068
福岡県朝倉市甘木1193-1
TEL 0946-23-9933 / FAX 0946-21-5100

Copyright (C) 2011 原発なくそう!九州玄海訴訟 ALL RIGHTS RESERVED. ログイン