原発なくそう!九州玄海訴訟

ニュース

映画「被ばく牛と生きる」上映会のお知らせ

  • 2018年11月12日 17:33

ドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」が福岡県糸島市で上映されます。

奮ってご参加下さい。

第1部:福島視察報告 13時30分

     工藤逸男氏(戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会)

第2部:「被ばく牛と生きる」上映 14時

 

上映会:12月2日(日) 13時会場

会 場:健康福祉センターあごら 視聴覚室

料 金:700円

主 催:上映会実行委員会

お問合せ 090-4475-8477(山北)/080-1729-8915(星隈)

 

【映画のご紹介】

あなたは経済価値が無いからと言って、生き物を殺すことができますか?

原発事故から2ヵ月後、国は“警戒区域内にいる全ての家畜を殺処分する”指示を出す。

避難を強いられる農家は、涙を飲んで殺処分に応じるしかなかった。しかし国の方針に逆らい、少数の畜産農家が被ばく牛を生かそうと決意。住んではならない警戒区域の中に住み、また数十キロ離れた避難先の仮設住宅から通い、被ばくした牛の世話を続けている。

被ばく牛を生かす唯一の道、「大型動物による世界初の低線量被曝研究」…国策による事故でありながら、国は人類にとって必要なこの研究から手を引いていく。事故翌年、牛に原因不明の白斑が出現。大学研究者は原因を調べるも、被曝との因果関係を立証するには、さらに数年の時間がかかると言う。国からの支援もなく、故郷も仕事も奪われながらも、経済価値のない牛を生かし続ける畜産農家の心情を5年間にわたって丁寧に記録した作品です。

 

ページ移動

連絡先

佐賀中央法律事務所
〒840-0825
佐賀県佐賀市中央本町1-10ニュー寺元ビル3階
TEL 0952-25-3121 / FAX 0952-25-3123

弁護士法人奔流法律事務所朝倉オフィス
〒838-0068
福岡県朝倉市甘木1193-1
TEL 0946-23-9933 / FAX 0946-21-5100

Copyright (C) 2011 原発なくそう!九州玄海訴訟 ALL RIGHTS RESERVED. ログイン